• ngcfrom1979

ゴルフスクール40年の歩み(2012)

2012年(平成24年)

この年は年明けから 昨年の4月(東日本大震災時)よりレッスン生が少ない ・・・このため シミュレーション会員を¥5,000 /3Rにプライスダウンしたり、ストレッチ&ゴルフと名打って練習会員を増やそうとしている最中の8月、来年の3月までに退去するようにという案内がポストに入っていました。大家さん側の弁護士からです。以下は当時の日記からです。

8月30日 「当ビルの耐震性を調査した結果、大震災の際倒壊する恐れ大でした。取り壊すことにしました。つきましては来年3月の契約更新はしないことにしました」

頭から血の気がスーッと引いて行き、喉カラカラ。夢であってくれと何度となく祈りました。10年前に今のビルに移ってきましたが私ももう64、引っ越しする体力も気力も金もありません。「どーする、マツウラ!?」

9月1日 その後2、3日はとにかく眠りが浅い。鬱になる人の気持ちが分かります。こういう時はアイスノン。多少は落ち着きます。週がかわり火曜日、相手の弁護士事務所に行き話しを聴きました。法律上は、正当な理由があれば立ち退き料はゼロだそうです。「ただ、そうはいってもなー」。なんとなく6ヶ月の家賃は払わなくて良い、撤退の際の現状復帰はしなくて良い、それに若干のプラスアルファー…以上のニュアンスでした。

少しは気分が落ち着きました。6ヶ月分の家賃を貯めておいて敷金も全額戻ってくれば、何とか移転費用は捻出出来るかも知れません。ただ、現在の場所から500メートル圏内に条件に合う物件があるか?天井高さ3メートル50センチ以上それと坪一万円以下ですか。

あともう一つの選択肢は商売をタタムこと。ちょっと油断すると直ぐ赤字になってしまいます。また、いつも世の中の景気の波に翻弄されてきて、これからもそれから逃れられないことを考えると、もうこの辺りで潮時かなと弱気になります。

以来、ビルにはってある張り紙ばかりキョロキョロしながら見ています。片っ端に電話してビルを見ていますがいずれも天井高さが足りない。唯一見つかった物件は20坪。以前プロが一人でやっていたところです。今のお客様全ては捌ききれません。ただ、この一打席をちょっと豪華なシミュレーション専用にして、昼間のお客様は近くにあるゴルフバーに移ってもらう、あるいはこれまた近所にある2打席のゴルフスクールに週2日間位借りる、等の手はあるかもしれません 。

今日は嬉しいことがあった。天井高が3メートル50センチ以上の物件が見つかったのである。広さ38坪しかも一階、家賃も43万円と格安です。保証金は6ヶ月。ただ場所が小川町で今のお客様は移ってはくれないでしょう。もう一つの問題は、直ぐ出るから6ヶ月分以上の家賃分を払ってくれと大家に交渉して、果たして応じるかどうか?駄目なら移転費用は捻出出来ません。

9月18日 本日はまたまた新しい物件が現れた。建設業の大井さんからです。場所は秋葉原。ここは以前ゴルフスクールだったところ。ヨドバシカメラの上に練習場が出来てしばらくして閉鎖になりました。5年以上前でしょうか。100坪というから内装工事も大掛かりになりそう。そんな訳で直ぐ断りました。その後、「待てよ。100坪で今の家賃と同じならどこか違う業種とタイアップしてやったら面白い!」家賃が半分になれば失敗するはずがありません。早速心当たりの社長にアポイントを取りました。

9月20日 大井さんの会社の顧問弁護士事務所に相談に行く。先に相手先の顧問弁護士から来た念書(1.来年3月まで家賃は払わなくて良い 2.3月で新たな更新はしない 3.3月以前に出て行く場合は3月までの家賃分を支払う 4.現状復帰はしなくても良い)に応じない場合は裁判になるかも知れない。その場合、こちらとしては耐震性は問題にならないことを証明する必要がある。裁判に勝った場合は6ヶ月分の家賃プラスアルファー、反対に負けた場合は当方の弁護士費用に加えて相手先の弁護士が使った費用を支払わなくてはならない。 裁判に勝っても余り得るものはなさそう。といって、6ヶ月分の家賃では移転費用は出そうもない。おまけに寒くなると売り上げが伸び悩みます。「どうする!?マツウラ」

9月28日 ビルのオーナーと合意書を取り交わしました。先の合意書(案)にプラスしたのは以下の2点。まず、来年3月に出る際プラス3ヶ月分を支払う。その代わり4月まで居残ったら2カ月分をペナルティーとしていただく。

これなら移転費用はでそうです。まずまず妥当でしょうか。今までのままでは食べていくのが精一杯。「10年間で移転費用を貯めた。心機一転、新しい場所で出直そう!」が今の心境です。8月の終わりに絶望のどん底にいましたが、今はやりたいことで興奮状態です。今度は多少の荒波には負けない経営をしなければ、と自らに言い聞かせております。

10月1日  その後、新しい進展はなし。ただ、選択肢は次の4つに絞られてきました。

1.歩いて直ぐの20坪の一室でシミュレーションゴルフだけで運営する。レッスン生は秋葉原のヨドバシカメラの屋上のゴルフ練習場に移ってもらう。

2.これまた歩いて直ぐの30坪の一室でシミュレーションゴルフとレッスン1打席でこじんまりと営業する。

3.秋葉原にある元ゴルフスクールあとに入る。90坪の大規模スクールになります。 番外として神田小川町の40坪の一階にある物件があります。そして第4の選択肢はゴルフ業界から撤退することです。団塊の世代が定年後もっとゴルフをやるかと期待していましたが、先行き不安のためか全く期待外れ。先細りなら廃業も賢い選択かも知れません。 12月6日  新日本橋に40坪の物件がありました。天井は高く駅からも近いので気にはかけていました。ただ、不動産屋の話だと大家がクセがあるみたい。で、どこもなかったら最後はそこにしようと思っていました。ところが今日、そのビルの前を通ったらゴルフクラブの販売店になっていました。

この年の動きでは国内初のLCC(格安航空会社)が就航しています。ピーチアビエーション、 ジェットスタージャパン、 エアアジアジャパン 。 東京スカイツリー開業 (翌年放送開始) ロンドンオリンピック開催 史上最多のメダル獲得 (金7・銀14・銅17) 12月には 第2次安倍内閣 が発足しています。

こんな騒動の中でもコンペは2回やっています。12月のコンペではまだ移転先も決まってなく、生徒さんも不安の中でのラウンドでした。なにしろあと3か月もありません。廃業となったらコンペもこれが最後・・・ちょっとセンチになった覚えがあります。

第52回 NGCコンペ 3/25 至:ロイヤルフォレスト(28名) 優勝:北野靖人様51+49=100 第53回 NGCコンペ 6/24 至:トムソンナショナル(19名) 優勝:梶田哲也様 42+40=82

第54回 NGCコンペ (赤) 9/23 至:筑波学園 GC(18名) 優勝:田熊容子様  42+43=85 第55回 NGCコンペ 12/9 至:ウインザーパーク(25名) 優勝:大西英樹様  48+47=95

12サマーキャンプ 8/9-10 (16名) 至:北の杜CC 1泊1.5R ¥48,000 担当:新庄プロ

この年の所属プロは 遠藤政一プロ 田野井のり江プロ 新庄 優プロ 新部 茂プロ 宮川一男プロ 渡辺 潤プロ 田中 悟プロ(8月より)2,429 M845

0回の閲覧

NGCニューゴルフクリニック(東京都千代田区内神田1-11-4 藤吉ビルB1)電話03-5577-4537