top of page
  • ngcfrom1979

ゴルフスクール40年の歩み(2022)

2022年(令和4年)


当スクールのすぐ近くにインドアの練習場がオープンしました。なんと通い放題で¥3,980/月です!!3打席です、どう計算しても採算が合うわけがない・・・。しかし早速、会員の方お一人が移ってしまいました。何しろ当方は¥16,500ですから勝ち目はない、ただそちらはレッスンがありません。とすると当方としてはレッスンの質を上げるしか道はない・・。


それでも体験のお客様は少ないながらありました。1月5名、2月3名、3月9名、4月2名、㋄8名、6月2名、7月7名、8月4名、9月6名、10月4名、11月2名、12月5名 合計57名 内入会者は39名、約7割の入会率でした。しかし総レッスン人数は過去最低です。


7月にはミズノのアイアンフィッティングを始めています。


それにしても毎日が暇です、やることがありません。毎日、ユーチューブのゴルフレッスンを見ていました。そのうち、突然、新たなひらめきが・・・私がユーチューバーになろう。クラブもまともに振ってなく、ビデオ画像編集もやったことのない75歳の私がです、早速ビデオカメラを買いに行きました。以下はなぜユーチューブを始めようとしたかの説明です。


               「 ご 挨 拶 」


1979年から神田でインドアの小さなゴルフ練習場を営んでいます。

レッスンはPGAのインストラクターが担当、代表の私自身は35歳から椎間板ヘルニアになってしまい、以後クラブを振ったこともありませんでした。

そんな後期高齢者になった私がなぜゴルフスイングのユーチューブを始めるようになったか・・・説明します。

40年前、ゴルフレッスン情報は極めて少なかったのですが、インターネットが普及してからは一転、あらゆるレッスン情報が溢れだしています。

奇をてらった内容も多く、ゴルフ初心者にとってこれはかえって混乱を引き起こしているのではないか、という疑問が以前からありました。

一方で、2020年春から始まったコロナ騒動、テレワークの影響でお客様が激減した状況が今もって続いています。一日何もすることがなく暇でした。ユーチューブでレッスン番組を見るのが日常になりました。

そのうち「ゴルフスイングの基本」について、取捨選択して提示することは意義のあることではないか?という考えに至りました。

加えて、書棚に眠っていたかって一世を風靡したゴルフ本を取り出し、基本を改めて調べてみました。驚くことに65年前の本が今もって新鮮だったこと、基本というものは年月を経ても色あせないものなのか、改めて感じ入りました。

また、選択に当たっては所属のプロの意見を拝聴しました。

幾多数多あるスイング理論の中で共通の基本はどんなものか、そして初心者がどういう順番でどういう練習すれば良いのか、順序立ててアップしていきます。最初からご覧いただければ幸いです。

その際、私のぎこちない動きはご容赦ください、なにしろ75歳ですから(笑)。

各篇には参考にしたプロゴルファーのユーチューブを挙げています。むしろそちらを注視下さい。珠玉のような、目から鱗の内容ばかりです。       以上


            2022年3月  NGCニューゴルフクリニック 代表 松浦康介

 


2022年は私にとって記憶に残る年といえましょう、新しいことへの挑戦は全細胞が活動し始めた充実した期間でした。


2019年11月から途絶えていたNGCコンペがようやく再開できました。


第62回 NGCコンペ 3/20 至:長南パブリック(18名)優勝:星野 馨様 47+45=92

第63回 NGCコンペ 11/20 至:千葉セントラルGC(10名)優勝:梶田哲也様 41+44=85

第64回 NGCコンペ 12/18 至:日本長江ゴルフクラブ(8名)優勝:梶田哲也様 42+46=88



この年の世界の出来事のトップは2月にロシアがウクライナに侵攻したことでしょう。食品やエネルギーなどの高騰に拍車がかかり世界的な高インフレになっています。日本でも例外ではありません。日米の金利差から1ドル150円の円安(32年ぶりの円安水準)です。物価高騰、商品の値上げが相次いでいます。7月安倍元首相が奈良で演説中に銃撃を受け死亡したことも衝撃を受けました。



この年のプロは遠藤プロ、新庄プロ、小坂プロ、宮川プロです。1118


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page